キヤノン「EOS-1D X Mark II」を発表


key-visual

キヤノンは最先端技術や最高クラスの性能 を備えたフラッグシップモデル「EOS-1D X Mark II」を2016年4月下旬より発売する。
オープン価格で市場価格は730,000円前後となる予想だ。

モータースポーツ撮影においては、約14コマ/秒の高速連写はもちろん、AIサーボAF III+によるAF追尾性能のアップも気になる。
またエクステンダー使用時の全点F8対応測距や測距点の拡大により構図の自由度が大きく広がるだろう。

〔主な特長〕
●有効約2020万画素35mmフルサイズCMOSセンサー
●常用ISO 51200、H3:409600相当の高感度
●高速・高画質処理を可能にする、デュアルDIGIC 6+
●新開発の約36万画素RGB+IR測光センサー
●AF/AE追従で約14コマ/秒※、最高約16コマ/秒※の超高速連続撮影
●全点F8対応、新61点レティクルAF
●シャッター作動試験40万回をクリアした高耐久シャッターユニット
●GPS機能、有線LAN機能内蔵
●DCI 4K/60P、フルHD/120Pハイフレーム動画撮影
●すべてのEFレンズでデュアルピクセルCMOS AFが可能

▼詳細はこちら
http://cweb.canon.jp/eos/lineup/1dxmk2/index.html

▼機動力のページではモーターサイクルの秒14コマ連写が掲載されている。
http://cweb.canon.jp/eos/lineup/1dxmk2/feature-mobility.html