スーパーフォーミュラ 第2戦 岡山 決勝結果

スーパーフォーミュラ 第2戦 岡山 決勝結果

■SF第2戦岡山、参戦2年目の坪井翔が初勝利!

全日本スーパーフォーミュラ選手権の第2戦は岡山国際サーキットが舞台。秋晴れのレース日和に恵まれた一方、レースはスタート直前から波乱の展開を見せ、その中で予選8番手スタートの#39 坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)が巧みな戦略を味方にし、自身初となるスーパーフォーミュラでの勝利を涙で飾った。

有観客形式でシーズンを迎えたスーパーフォーミュラ。第2戦は、開催1週間前にフランスでのル・マン24時間レースに出場していた4選手が新型コロナウィルス感染防止対策を鑑みて欠場になったが、その代役として起用されたドライバーたちのアグレッシブなチャレンジにスポットライトが当たるレースウィークとなった。また、いまだ日本に入国できないままの外国人ドライバーに代わる出場を加えると、今大会にスポット参戦したドライバーは6選手に上った。

今回も開幕戦同様にレースは「1Day」のスケジュールで実施。ただし、前日には1時間x2回の走行セッションが設けられ、ドライバーはクルマのセットアップはもとより、ニュータイヤのフィーリング確認等、限られた時間の中で様々なメニューを消化している。

レース前日は走行セッション中に通り雨になるなど、やや不安定なコンディションだったが、レース当日は強い風が吹き続けるも青空がサーキット上空に広がる中でセッションが行われた。まず、午前中のノックアウト予選では、今回もQ1をA、B2組に分けて行い、全19台からQ2に向けて計14台を選抜した。Q1ではB組に出走した#36 宮田莉朋(VANTELIN TEAM TOM’S)がトップタイムをマーク。中嶋一貴の代役ながら、初のSFで価値ある仕事ぶりを見せる。また、同様に山下健太の代わりを務めた#3 阪口晴南(KONDO RACING)もB組3番手のタイムを刻むなど、スーパーフォーミュラ・ライツのレギュラードライバーでもある若手ふたりが、トップフォーミュラでも速さをアピールした。なお、宮田は続くQ2でも14選手の中で最速ラップをマーク。逆にディフェンディングチャンピオンの#1 ニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)は、今回もQ2で敗退。決勝は10番手からの追い上げを強いられた。最終アタックのQ3に入ると、ベテラン勢が躍進。中でも岡山を得意とする#20 平川 亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が1分12秒773の好タイムをマークし、2番手に0.336秒差をつけるパフォーマンスを披露した。一方、Q1、Q2と順調だった宮田も負けじとアタックし、2番手をもぎ取り、初のSFレースをフロントロウからスタートするビッグチャンスを手にしている。

午後3時15分の決勝スタート直前、ダミーグリッドからフォーメーションラップに入った全19台。なんと予選11番手と奮闘した阪口がアトウッドカーブでまさかのクラッシュ。路面温度が予想以上に低く、装着したタイヤを温めようとする中でクルマの挙動を乱してウォールにヒット、このまま惜しくもリタイヤとなった。また、レースはこの車両を回収するために一旦赤旗中断となり、当初51周での戦いは50周へと減算されてスタートを迎えた。

ところがハプニングはこれだけでは終わらない。仕切り直しのスタートでも、初のハンドクラッチシステムからのスタートに手間取ったのか、フロントロウの宮田が出遅れてしまい、その後方にいたTCS NAKAJIMA RACINGの#64 牧野任祐と#65 大湯都史樹が宮田をかわしてイン側から1コーナーへと進入。ところが、大湯がブレーキをロックさせ、前方の牧野、そしてそのアウト側にいた予選3番手の#4 サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)に接触。フェネストラズはグラベルへと飛ばされ、また牧野はコース中央でマシンを止める形となり、2台はともにここでレースを終えている。そして、大湯自身もフロントウィングを損失。その後、このアクシデントによりセーフティカーがコースインする中、緊急ピットインを行ってフロントノーズを交換したが、のちにドライブスルーペナルティを課せられた。

この時点でトップの平川に続いたのが、坪井。以下、予選6番手の#38 石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)、キャシディ、#5 山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、No.19 関口雄飛(ITOCHU Continue reading

スーパー耐久 第6戦 岡山 決勝結果

スーパー耐久 第6戦 岡山 決勝結果

11月10日(日)、岡山国際サーキットで、ピレリ・スーパー耐久シリーズ2019 第6戦「スーパー耐久レース in 岡山」の決勝が3時間2レースで行われた。
8:30にスタートしたGr.2(ST4・5)では、ST-4クラスは#13 ENDLESS・86(中⼭ 友貴/宮⽥ 莉朋/蒲⽣ 尚弥)が優勝。2位に入った#884 林テレンプ SHADE RACING 86(平中 克幸/国本 雄資/HIRO HAYASHI/⽯川 京侍)がチャンピオンを獲得した。
13:30にスタートしたGr.1(ST-X・Z・TCR・1・2・3)では、ST-Xクラスは#777 D’station Vantage GT3(星野 敏/藤井 誠暢/近藤 翼)が優勝を飾った。混戦のST-TCRクラスは#19 BRP★Audi Mie RS3 LMS(太⽥ 佑弥/松本 武⼠/篠原 拓朗)が優勝し、逆転でチャンピオンを手に入れた。

Continue reading

Center Stage ~ 牧野任祐

Center Stage ~ 牧野任祐

SUPER FORMULA Rd6 岡山国際サーキット
No.65 牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)

早くも今シーズンセミファイナルラウンドを迎えた全日本スーパーフォーミュラ選手権。ルーキードライバーの活躍が要所に見られる中、いきなり開幕戦でポールポジションを手にしたのが牧野任祐だった。2017年、ステップアップのため渡欧。欧州F3選手権に参戦、翌年はFIA F2選手権へと活躍の場を移した。今シーズンは活躍の場を日本へと戻し、このスーパーフォーミュラとSUPER GTのGT500クラスで活躍している。シングルシーターでの速さはアピールできているが、何よりも手にしたいのが、勝利。着実に近づくその”瞬間(とき)”に向け、さらに強さを追求中だ。

Continue reading

スーパーフォーミュラ 第6戦 岡山 決勝結果

スーパーフォーミュラ 第6戦 岡山 決勝結果

9月29日(日)、岡山国際サーキットで「2019年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第6戦」の決勝が行われ、2番グリッドからスタートした#3 山下 健太 [ORIENTALBIO KONDO SF19]が悲願の初優勝を飾った。2位には#36 中嶋 一貴 [VANTELIN KOWA TOM’S SF19]。#51 ハリソン・ニューウェイ [GOLDEX TAIROKU RACING SF19]が3位初表彰台に上がった。

Continue reading