SUPER GT 第1戦 岡山 決勝結果

SUPER GT 第1戦 岡山 決勝結果

<GT500>
長きに渡る攻防戦を制したのは、ENEOS X PRIME GR Supra!

依然として新型コロナウイルス感染症の影響を受けるモータースポーツイベント。しかしながら、日本における2021年シーズンは当初の予定どおり開幕戦を迎えた。SUPER GTの初戦の舞台を飾ったのは、岡山国際サーキット。4月10、11日、有観客開催となる2年ぶりの決戦はレース日和に恵まれ、壮絶なバトルが繰り広げられた。
参加台数はGT500、GT300の総勢44台。GT500クラスでは公式練習でホンダNSX-GT勢が上位につけたが、ノックアウト予選になると一変。ディフェンディングチャンピオンの#1 STANLEY NSX-GT(山本 尚貴/武藤 英紀)や昨シーズン3度の最多ポールポジションを誇り、公式練習でトップタイムをマークした#8 ARTA NSX-GT(野尻 智紀/福住 仁嶺)が揃ってQ1で敗退。逆にがタイムを伸ばし、上位8台が進出できるQ2に全5台が揃った。そして、その中でトップタイムをマークしたのが、#37 KeePer TOM’S GR Supra(平川 亮/阪口 晴南)。厳しい入国規制で来日できていないサッシャ・フェネストラズに変わりQ2に出走した阪口が、2番手と約0.1秒差で自身初、GT500クラスのポールポジションを手にした。
レースは序盤からトップ37号車阪口を#14 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋 和也/山下 健太)の大嶋 和也が猛追し、僅差の攻防戦となるも膠着状態に。その後、33周目にGT300車両がスピン。セーフティカー導入を予想した多くの車両がルーティンのピットインを敢行する。ピット作業に手間取りタイムロスした37号車に対し、14号車は難なく完了。これでトップを奪還すると、#36 au TOM’S GR Supra(関口 Continue reading

SUPER GT 第1戦 岡山 予選結果

SUPER GT 第1戦 岡山 予選結果

4月10日(土)、岡山国際サーキットで2021 AUTOBACS SUPER GTシリーズの開幕戦となる「たかのこのホテル OKAYAMA GT 300km RACE」が開催され、14:00からノックアウト方式の予選が行われた。

GT500クラスは#37 KeePer TOM’S GR Supra(平川 亮/阪口 晴南)が1’17.701のタイムでポールポジションを獲得。2番手には#14 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋 和也/山下 健太)、3番手に#36 au TOM’S GR Supra(関口 雄飛/坪井 翔)が入り、トップ5までをGR Supraが独占した。

GT300クラスは#11 GAINER TANAX GT-R(平中 克幸/安田 裕信)が1’25.275のタイムでポールポジションを獲得。2番手には#52 埼玉トヨペットGB Continue reading

スーパーフォーミュラ 第2戦 岡山 決勝結果

スーパーフォーミュラ 第2戦 岡山 決勝結果

■SF第2戦岡山、参戦2年目の坪井翔が初勝利!

全日本スーパーフォーミュラ選手権の第2戦は岡山国際サーキットが舞台。秋晴れのレース日和に恵まれた一方、レースはスタート直前から波乱の展開を見せ、その中で予選8番手スタートの#39 坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)が巧みな戦略を味方にし、自身初となるスーパーフォーミュラでの勝利を涙で飾った。

Continue reading

スーパー耐久 第6戦 岡山 決勝結果

スーパー耐久 第6戦 岡山 決勝結果

11月10日(日)、岡山国際サーキットで、ピレリ・スーパー耐久シリーズ2019 第6戦「スーパー耐久レース in 岡山」の決勝が3時間2レースで行われた。
8:30にスタートしたGr.2(ST4・5)では、ST-4クラスは#13 ENDLESS・86(中⼭ 友貴/宮⽥ 莉朋/蒲⽣ 尚弥)が優勝。2位に入った#884 林テレンプ SHADE RACING 86(平中 克幸/国本 雄資/HIRO HAYASHI/⽯川 京侍)がチャンピオンを獲得した。
13:30にスタートしたGr.1(ST-X・Z・TCR・1・2・3)では、ST-Xクラスは#777 D’station Vantage GT3(星野 敏/藤井 誠暢/近藤 翼)が優勝を飾った。混戦のST-TCRクラスは#19 BRP★Audi Mie RS3 LMS(太⽥ 佑弥/松本 武⼠/篠原 拓朗)が優勝し、逆転でチャンピオンを手に入れた。

Continue reading