Center Stage ~ McLaren 720S

Center Stage ~ McLaren 720S

SUPER GT Rd1 岡山国際サーキット
McLaren 720S

開幕戦の岡山国際サーキットで、ひときわ目を引いたショッキングピンクのマシン。それが、今シーズンからSUPER GTで戦うMcLaren 720Sだ。カーボン製モノコックに身を包んだ車両はモータースポーツの本場、イギリス出身。現在もなお、世界最高峰のフォーミュラレースに参戦する伝統のレーシングチームの流れを汲むマクラーレン・オートモーティブが製造する。初戦は厳しいBoP(性能調整)の影響で本来のパワーをフルに発揮する状況ではなかったが、4リッターV8ツインターボをマウントするスーパースポーツが奏でるエンジンサウンドは、もはやレーシングカーそのものと言える。

Continue reading

SUPER GT Rnd1 岡山 決勝結果

SUPER GT Rnd1 岡山 決勝結果

4月14日(日)、岡山国際サーキットで2019 AUTOBACS SUPER GT 第1戦「OKAYAMA GT 300km RACE」の決勝レースが行われた。
朝から降り続く雨が止まずセーフティカースタートとなったレースは、その後クラッシュが続発し2回目の赤旗をもって31周で終了となり、GT500クラスは#8 ARTA NSX-GT(野尻 智紀/伊沢 拓也)が荒れたレースを制し優勝。2位はポールからスタートした#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田 次生/ロニー・クインタレッリ)。3位には#12 カルソニック IMPUL GT-R(佐々木 大樹/ジェームス・ロシター)が入った。
GT300クラスは、2番グリッドからスタートした#96 K-tunes RC F GT3(新田 守男/阪口 晴南)が優勝。2位に#55 ARTA NSX GT3(高木 真一/福住 仁嶺)、3位に#52 埼玉トヨペットGB マークX MC(脇阪 薫一/吉田 広樹)が続いた。

Continue reading

SUPER GT Rnd1 岡山 予選結果

SUPER GT Rnd1 岡山 予選結果

4月13日(土)、岡山国際サーキットで2019 AUTOBACS SUPER GT 第1戦「OKAYAMA GT 300km RACE」の予選が行われ、GT500クラスは#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田 次生/ロニー・クインタレッリ)が1’16.602のコースレコードでポールポジションを獲得。2番手にも日産の#12 カルソニック IMPUL GT-R(佐々木 大樹/ジェームス・ロシター)が続き、3番手には昨年のチャンピオン#1 RAYBRIG NSX-GT(山本 尚貴/ジェンソン・バトン)が入った。
GT300クラスは#55 ARTA NSX GT3(高木 真一/福住 仁嶺)のルーキー福住 仁嶺がQ2で1’24889のコースレコードを叩き出しがポールポジションを獲得。2番手に#96 K-tunes RC F GT3(新田 守男/阪口 晴南)、3番手に#52 埼玉トヨペットGB マークX MC(脇阪 薫一/吉田 広樹)が続いた。

Continue reading

Close Up ~ 高木真一(No.55 ARTA BMW M6 GT3)

Close Up ~ 高木真一(No.55 ARTA BMW M6 GT3)

SUPER GT Rd8 ツインリンクもてぎ
高木真一(No.55 ARTA BMW M6 GT3)

ランキング2位に対し、12ポイント差で最終戦もてぎ大会を迎えた高木真一。だがノックアウト予選でタイムを伸ばせず、10番手のグリッドに沈んだ。タイトル争いをするライバルが予選2位を獲得したため、高木は決勝4位以上という厳しい条件が与えられることに。タイヤ無交換、そして懸命の走りで善戦するも、抜きどころのないもてぎでは思うようなポジションアップは果たせずに9位でフィニッシュ。対するライバルが優勝で逆転タイトルをもぎ取った。GT500参戦を経て、1999年からGT300にチャレンジする高木。優勝回数では同クラスの最多勝タイ記録となる20勝を誇る大ベテランは、来シーズンもさらなる1勝そしてクラスタイトルを目指しステアリングを握ることだろう。

Continue reading

SUPER GT Rnd8 もてぎ 決勝結果

SUPER GT Rnd8 もてぎ 決勝結果

11月11日(日)、ツインリンクもてぎでSUPER GTの今シーズン最終戦となる「MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL」53周で行われ、GT500クラスは#8 ARTA NSX-GT(野尻 智紀/伊沢 拓也)がポールポジションから今季2勝目を挙げた。2位には#38 ZENT CERUMO LC500(立川 祐路/石浦 宏明)、そして3位に入った#100 RAYBRIG NSX-GT(山本 尚貴/ジェンソン・バトン)が2018シーズンのチャンピオンに輝いた。
GT300クラスは2番グリッドからスタートした#65 LEON CVSTOS AMG(黒澤 治樹/蒲生 尚弥)が優勝し大逆転でチャンピオンを獲得。2位には#31 TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨 宏紀/平手 晃平)が入り、3位にはGT300クラス3位 #0 グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口 信輝/片岡 龍也)が続いた。

Continue reading