スーパー耐久第6戦 岡山 決勝結果

2017年10月16日
スーパー耐久第6戦 岡山 決勝結果

10月15日(日)、岡山国際サーキットでスーパー耐久シリーズ2017の最終戦となる第6戦の決勝が行なわれ、Gr-2が午前、Gr-1が午後に、それぞれ3時間で戦われた。
Gr-2は、第5戦ですでにST-4クラスのチャンピオンを決めている#86 TOM’S SPIRIT 86(松井 孝允/蒲生 尚弥/坪井 翔)が2戦目以降5連勝で締めくくった。Gr-1のST-Xクラスは#777 D’station Porsche(星野 敏/荒 聖治/近藤 翼)が初優勝を遂げた。

Continue reading

富士SWが24時間レース開催計画を発表

2017年9月1日
富士SWが24時間レース開催計画を発表

国内での24時間レースが10年ぶりに復活!
スーパー耐久24時間レースの開催計画を発表

9月1日、富士スピードウェイは2018年度のスーパー耐久シリーズ富士大会を、24時間耐久レースとする計画を発表した。レース名は「富士SUPER TEC 24時間レース」で、6月上旬での開催を目標に調整を進めている。

「耐久の富士」として耐久レースに力を入れている富士スピードウェイでは、10月の世界耐久選手権富士6時間レースを始め、SUPER GT 500Kmレースやスーパー耐久 富士SUPER TECの長時間化、12月に開催するGOODYEAR Vitz & 86/BRZ Dream Cup(6Hレース)など数々の耐久レースを開催している。
今回のスーパー耐久シリーズの24時間での開催は「耐久の富士」を象徴するレースとして、また「世界に発信できる日本の耐久レース」として、今後、地元小山町、御殿場市、裾野市と調整を行いながら準備を進めていくという。

富士スピードウェイでの24時間レースは、1967年4月と1968年3月の2回開催されており、 50年ぶりに富士スピードウェイに24時間レースが帰ってくることになる。
また、それ以降、日本での24時間レースは、スーパー耐久シリーズの一戦として、北海道の十勝スピードウェイで1994年から2008年まで15回開催されており、スーパー耐久シリーズの24時間レースは10年ぶりとなる。

STO(スーパー耐久機構)の桑山事務局長は、「私たちSTOの念願だった24時間レースの開催に向けて富士スピードウェイが準備を進めていただくことになり、たいへん嬉しく思っております。この24時間レース実現のためにSTOとしても全面的に協力させていただき、正式発表を心待ちにしております。」とコメントしている。