Close Up ~ No.37 KeePer TOM’S LC500 / No. 4 グッドスマイル 初音ミク AMG

2017年11月17日
Close Up ~ No.37 KeePer TOM’S LC500 / No. 4 グッドスマイル 初音ミク AMG

SUPER GT Rd.8 ツインリンクもてぎ

<GT500編>
No.37 KeePer TOM’S LC500

最終戦を前にした第7戦タイ戦でシーズン2勝目をマーク、暫定ランキングトップでもてぎの決戦に挑んだNo.37 KeePer TOM’S LC500。ノックアウト予選ではポールポジションを試合巧者のNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rにさらわれ、さらに決勝の勝利も許したが、37号車はチャンピオン獲得に必要な2番手をを死守。平川亮とニック・キャシディが、GT史上最年少となる23歳コンビの王者に輝いた。結果、TOM’Sに2009年以来となるタイトルをプレゼントしただけでなく、開幕戦の勝者がチャンピオンになれないというGT500クラスのジンクスをも打ち破る活躍を見せることとなった。

SUPER GT Rnd8 もてぎ フォトギャラリー

2017年11月14日
SUPER GT Rnd8 もてぎ フォトギャラリー

11月11~12日にツインリンクもてぎで行なわれたSUPER GT Rnd8の模様をフォトギャラリーで紹介する。

(撮影:鉄谷康博・中村佳史・北川正明)

SUPER GT Rnd8 もてぎ 決勝結果

2017年11月12日
SUPER GT Rnd8 もてぎ 決勝結果

11月12日(日)、快晴のツインリンクもてぎで、SUPER GTの今シーズン最終戦となる第8戦の決勝が行われ、GT500クラスは#23 MOTUL AUTECH GT-R 松田 次生/ロニー・クインタレッリがポール・トゥ・ウィンを飾った。2位には#37 KeePer TOM’S LC500 平川 亮/ニック・キャシディが入り、ポイントリーダーの座を死守。23歳の若いコンビが最年少のチャンピオンに輝いた。3位には#38 ZENT CERUMO LC500 立川 祐路/石浦 宏明が入った。

Continue reading

Close Up ~ KONDO RACING

2017年10月24日
Close Up ~ KONDO RACING

SUPER FORMULA Rd.7 鈴鹿サーキット
KONDO RACING

アイドルでありながら、モータースポーツの世界に飛び込んだマッチこと近藤真彦監督が率いるKONDO RACING。2000年にチームを設立、初年度は自身がドライバーとしてステアリングを握った。今季、チームはルーキードライバーふたりを招聘。ともに全日本F3チャンピオンとしての意地を見せ、まず山下健太が第4戦もてぎで、そしてニック・キャシディが第6戦SUGOでポールポジションを獲得、躍進するチームとして印象づけることになった。だが僅差の戦いが続くスーパーフォーミュラゆえ、決勝ではまだ苦戦中。来季は、表彰台を見据え、着実な成長をしかと披露したいところだ。

(文:島村元子 撮影:中村佳史・北川正明)

スーパーフォーミュラ 第7戦 鈴鹿 フォトギャラリー

2017年10月23日
スーパーフォーミュラ 第7戦 鈴鹿 フォトギャラリー

10月20~22日に鈴鹿サーキットで行なわれた「JAF GRAND PRIX SUZUKA」スーパーフォーミュラ 第7戦の模様をフォトギャラリーで紹介する。

(撮影:中村佳史・北川正明)

スーパー耐久第6戦 岡山 決勝結果

2017年10月16日
スーパー耐久第6戦 岡山 決勝結果

10月15日(日)、岡山国際サーキットでスーパー耐久シリーズ2017の最終戦となる第6戦の決勝が行なわれ、Gr-2が午前、Gr-1が午後に、それぞれ3時間で戦われた。
Gr-2は、第5戦ですでにST-4クラスのチャンピオンを決めている#86 TOM’S SPIRIT 86(松井 孝允/蒲生 尚弥/坪井 翔)が2戦目以降5連勝で締めくくった。Gr-1のST-Xクラスは#777 D’station Porsche(星野 敏/荒 聖治/近藤 翼)が初優勝を遂げた。

Continue reading