SUPER GT 第5戦 スポーツランドSUGO

SUPER GT 第5戦 スポーツランドSUGO

<GT500>
カルソニックIMPUL GT-R、5年ぶりの勝利!

9月12日、宮城・スポーツランドSUGOにおいて決勝レースが行われたSUPER GT第5戦。毎戦”魔物が棲む”と言われるSUGOだが、コロナ禍で2年ぶりの開催となった今回はその魔物が張り切ったのか、次々とハプニングが襲いかかる展開になった。
予選でシーズン初ポールを手にしたのは、#8 ARTA NSX-GT(野尻 智紀/福住 仁嶺)。スタート直後から2位以下を引き離す力強いパフォーマンスを見せつけて順調そのものだったが、ルーティンワークのピット作業で魔物が行く手を阻む。通常、外したタイヤは地面に設置する形_平置きを義務付けている。だが、外された左フロントタイヤは車体により掛かる形で置かれ、結果として作業違反の対象となり、ドライブスルーペナルティが課された。またこの直後、#19 WedsSport ADVAN GR Supra(国本 雄資/宮田 莉朋)が最終コーナーで黒煙を上げて失速。さらに火の手が上がり、コースサイドで停止する事態となり、セーフティカー(SC)がコースインする。その後、8号車はピットレーンオープンのタイミングでピットイン。しかしSC中のペナルティ消化は認められないため、SC明けに再びピットへ戻るなど、8号車は混乱から生じた事態を収拾できないまま、優勝争いから脱落した。
この他、単独でマシントラブルに見舞われるクルマも続出。なかでもシーズン2基目のエンジンをSUGOで投入したGR Supra勢は、3台がエンジン絡みのトラブルでリタイヤ、暗雲が立ち込めた。そんな中、8号車に代わってトップに立ったのが#12 カルソニック IMPUL GT-R(平峰 一貴/松下 信治)。予選3番手から着実なレース運びでトップに立つと、SC明けのリスタートでは背後に迫る#17 Astemo NSX-GT(塚越 広大/ベルトラン・バゲット)をねじ伏せ、トップを死守。この勢いのままチェッカーを受けた。逆に17号車はその後のFCY解除時に#1 STANLEY NSX-GT(山本 尚貴/牧野 任祐)の反撃に遭い、3位へと後退した。チームとして、5年ぶりの勝利に沸いた12号車。平峰、松下両選手にとっては、初めてのGT500優勝となり、闘将・星野一義監督の目には涙が光っていた。

 

スターティンググリッド

スターティング・グリッド

 

GT500クラス優勝 #12 カルソニック IMPUL GT-R(平峰 一貴/松下 信治)

GT500クラス優勝 #12 カルソニック Continue reading

スーパーフォーミュラ 第4戦 SUGO レポート&フォトギャラリー

スーパーフォーミュラ 第4戦 SUGO レポート&フォトギャラリー

SF第4戦SUGO、福住仁嶺が念願の初優勝!

6月19、20日に宮城・スポーツランドSUGOにおいて全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦が行われ、予選5番手スタートの#5 福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が優勝。果敢な攻めと速さを活かして序盤にトップを奪取すると、その後も安定した速さを味方にしてトップでチェッカー。自身国内トップフォーミュラでの初優勝を遂げている。

予選日となる19日の天気はあいにくの雨。折しも同日午前中に東北地方の梅雨入りが宣言され、前大会オートポリスに続いてウェットコンディションでの幕開けとなった。まず、午前中に行われた1時間30分間のフリー走行では、クルマの後方から水煙を高く巻き上げ、レインタイヤでのセッティングを確認する中で各車が周回を重ねていくが、終始降り続ける雨に走行ラインが定まらず、スピンやコースアウトする車両が続出。自力でコース復帰を果たせないクルマもあり、トータルで3度の赤旗中断を招いた。

午後になっても雨脚は変わらず。午後2時10分からのノックアウト予選においては、Q1に加えてQ2においても、A、Bの2組に分けて実施することが通知される。結果、従来どおりQ1各組から上位7台がQ2に進出し、Q2では、各組から上位4台がQ3に駒を進めることが可能となった。気温19度、路面温度20度の中、まずQ1A組がスタート。午前中より気温が下がったことを受け、各車タイヤを温めるためにそれぞれが策を講じてアタックラップへと向かっていく。他車の水煙を避け、なんとか走行ラインを確保する中でトップタイムをマークしたのは復帰2戦目の#6 牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)。これに#39 阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)、#37 宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)が続いた。さらにB組では#5 福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)と#51 松下信治(B-MAX RACING TEAM)が激しいトップ争いを展開。最終的に0.119秒差で福住がB組トップとなった。

続くQ2。このセッションから時間が7分となり、よりタイミングを見計らってのアタックに挑むこととなる。まずA組では、チェッカーまで残り1分を切ると各車自己ベストタイムをマークし、その中からトップに立ったのが阪口。宮田は0.097秒という僅差で2番手、これにQ1でトップだった牧野、#15 大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)が続いた。ところがディフェンディングチャンピオンの#1 山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)はタイムを伸ばせず、7番手。Q3進出が絶たれた。一方、B組のQ2では赤旗が提示される波乱の展開。Q1で3番手だった#38 坪井 翔(P.MU/CERUMO・INGING)トップタイムをマーク、だがその翌周の2コーナー進入で痛恨のスピン。エンジンが止まり、自力でコース復帰できない状態となる。そしてほぼ同時に松下が馬の背コーナーででスピン、グラベルにクルマを止めてしまう。こちらも自力復帰が叶わず、ここで赤旗が提示されセッションが中断した。残された時間は3分。出走7台のうち、坪井と松下の2台がタイム抹消となったため、限られたアタックチャンスにかけるのは5台。そしてその中から見事なアタックでポジションアップを果たしたのが#19 関口雄飛(carenex Continue reading

スーパーフォーミュラ 第4戦 SUGO 決勝結果

スーパーフォーミュラ 第4戦 SUGO 決勝結果

6月20日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOで「2021年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第4戦」の決勝が行われ、5番グリッドからスタートした#5 福住 仁嶺 [DOCOMO TEAM DANDELION RACING]が初優勝を飾った。2位には#64 大湯 都史樹 [TCS NAKAJIMA RACING]が入り、ポールポジションからスタートした#19 関口 雄飛 [carenex TEAM IMPUL]は悔しい3位表彰台となった。

Continue reading

スーパーフォーミュラ 第4戦 SUGO 予選結果

スーパーフォーミュラ 第4戦 SUGO 予選結果

6月19日(土)、宮城県のスポーツランドSUGOで「2021年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第4戦」の予選が行われた。不安定はウエットコンディションの中、#19 関口 雄飛 [carenex TEAM IMPUL]が5度目のポールポジションを獲得。2番手に#6 牧野 任祐 [DOCOMO TEAM DANDELION RACING]、3番手には#39 阪口 晴南 [P.MU/CERUMO・INGING]が続いた。

Continue reading

スーパーフォーミュラ 第3戦 SUGO 決勝結果

スーパーフォーミュラ 第3戦 SUGO 決勝結果

■SF第3戦SUGO、N.キャシディが待望の今季初優勝!

全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦が仙台・スポーツランドSUGOにて開催された。前日こそ冷たい雨となったが、ワンデーレースの当日はドライコンディションで53周に渡る戦いを展開。予選4位から巧みなレース戦略でトップを奪取した#1 ニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)が今シーズン初優勝を果たしている。

Continue reading

スーパーフォーミュラ 第4戦 SUGOも開催延期

スーパーフォーミュラ 第4戦 SUGOも開催延期

4月24日、株式会社日本レースプロモーション(JRP)は、6月20日(土)・21日(日)に開催を予定していた「2020年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第4戦 スポーツランドSUGO」の開催を、新型コロナウイルスの感染拡大を受け延期すると発表した。

Continue reading