Center Stage ~ アストンマーチンVantage GT3

Center Stage ~ アストンマーチンVantage GT3

SUPER GT Rd4 チャン・インターナショナル・サーキット
アストンマーチンVantage GT3

SUPER GT唯一の海外戦となる第4戦。その舞台はタイ・ブリーラム県にあるチャン・インターナショナル・サーキット。その中で今回予選3番手を獲得したのが、アストンマーチンVantage GT3。今季から伝統のブリティッシュグリーンを纏うその姿は話題を呼ぶも、序盤戦はレース上のアクシデント等で思うような結果を残せていなかった。このタイではクルマの母国、イギリスでのデータベースを参考に、セットアップもグッと改善。決勝での快走に表彰台も手中に見えていた。だが、終盤にまさかのタイヤトラブルに遭遇。またも辛酸を嘗める結果となったが、この先の雪辱戦に期待だ。

Continue reading

SUPER GT Rnd4 タイ 決勝結果

SUPER GT Rnd4 タイ 決勝結果

6月30日(日)、タイ・ブリーラムのチャン・インターナショナル・サーキットで2019 AUTOBACS SUPER GT 第4戦『Chang SUPER GT RACE』の決勝が行われ、GT500クラスは#6 WAKO’S 4CR LC500(山下 健太/大嶋 和也)が、一時は#36 au TOM’S LC500にトップを奪われたものの、ピット作業で抜きかえしてポール・トゥ・ウィン。チームルマンは6年ぶり、脇阪寿一は監督としての初優勝を手にした。2位には#37 KeePer TOM’S LC500(平川 亮/ニック・キャシディ)。3位に#19 WedsSport ADVAN LC500(国本 雄資/坪井 翔)が入り、前戦鈴鹿に続いてレクサスが表彰台を独占した。
GT300クラスは #10 GAINER TANAX triple a GT-R(星野 一樹/石川 京侍)が最終ラップで逆転し優勝。それまでトップを走っていた#56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R(平峰 一貴/サッシャ・フェネストラズ)は悔しい2位となった。3位には#65 LEON PYRAMID AMG(黒澤 治樹/蒲生 尚弥)が続いた。

Continue reading

SUPER GT Rnd4 タイ 予選結果

SUPER GT Rnd4 タイ 予選結果

6月29日(土)、タイ・ブリーラムのチャン・インターナショナル・サーキットで2019 AUTOBACS SUPER GT 第4戦『Chang SUPER GT RACE』の予選が行われ、GT500クラスは#6 WAKO’S 4CR LC500(山下 健太/大嶋 和也)が1’23.260のコースレコードでポールポジションを獲得。2番手に#19 WedsSport ADVAN LC500(国本 雄資/坪井 翔)が入り、レクサスがフロントローを独占した。3番手には日産の#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R(平手 晃平/フレデリック・マコヴィッキ)が続いた。
GT300クラスは#25 HOPPY 86 MC(松井 孝允/佐藤 公哉)が1’31.839のタイムで、前戦鈴鹿に続きポールポジションを獲得。このコースを得意とする松井 孝允が自身の持つコースレコードを更新した。2番手に#56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R(平峰 一貴/サッシャ・フェネストラズ)、3番手には#7 D’station Vantage GT3(藤井 誠暢/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)が入った。

Continue reading

Close Up ~ 関口雄飛(No.36 au TOM’S LC500)

Close Up ~ 関口雄飛(No.36 au TOM’S LC500)

SUPER GT Rd4 チャン・インターナショナル・サーキット
関口雄飛(No.36 au TOM’S LC500)

ステップアップカテゴリーで辛抱強くキャリアを積み、最高峰カテゴリー参戦のチャンスを待ち続けていた関口雄飛。2013年からSUPER GTのGT500クラスで活動を開始、ついに今年から名門TOM’Sでステアリングを握ることに。やんちゃ坊主ばりの風貌、歯に衣着せぬ物言い…、とイメージ的には優等生タイプではないが、レースに取り組む実直な気持ちは人一倍強く、勝利への思いも大きい。タイ戦では今季初優勝を目指して終盤には怒涛の追い上げを披露するが、惜しくも残り2周半でガス欠症状が出て万事休す。コースサイドで膝を抱える姿が、彼の失望の大きさを物語っていた。

Continue reading

SUPER GT Rnd4 タイ 決勝結果

SUPER GT Rnd4 タイ 決勝結果

7月1日(日)、タイのチャン・インターナショナル・サーキットで2018 AUTOBACS SUPER GT 第4戦『Chang SUPER GT RACE』の決勝が行われ、GT500クラスは予選3番手からスタートした#39 DENSO KOBELCO SARD LC500(ヘイキ・コバライネン/小林 可夢偉)の元F1ドライバーコンビが優勝 。2位に#6 WAKO’S 4CR LC500(大嶋 和也/フェリックス・ローゼンクヴィスト)、3位に#19 WedsSport ADVAN LC500(国本 雄資/山下 健太)が入り、レクサス勢が決勝で強さを見せつけた。

GT300クラスは#11 GAINER TANAX GT-R(平中 克幸/安田 裕信)が優勝。安田はSUPER GT参戦100戦目での嬉しい優勝となった。2位に#31 TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨 宏紀/平手 晃平)、3位には#60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3(吉本 大樹/宮田 莉朋)が入った。

Continue reading

SUPER GT Rnd4 タイ 予選結果

SUPER GT Rnd4 タイ 予選結果

6月30日(土)、タイのチャン・インターナショナル・サーキットで2018 AUTOBACS SUPER GT 第4戦『Chang SUPER GT RACE』の予選が行われ、GT500クラスは#16 MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤 英紀/中嶋 大祐)が1’23.341のコースレコードでポールポジションを獲得した。GT300クラスは#65 LEON CVSTOS AMG(黒澤 治樹/蒲生 尚弥)と#88 マネパ ランボルギーニ GT3(平峰 一貴/アンドレア・カルダレッリ)が1’32.554の同タイムで並ぶが、予選後の車検で#88に違反が見つかり、#65がポールポジションを獲得した。

Continue reading

Close Up ~ No. 4 グッドスマイル 初音ミク AMG

Close Up ~ No. 4 グッドスマイル 初音ミク AMG

SUPER GT Rd.7 チャン・インターナショナル・サーキット
No. 4 グッドスマイル 初音ミク AMG

谷口信輝と片岡龍也という人気ドライバーのふたりを擁し、2度のGT300クラスチャンピオンのキャリアを誇るNo. 4 グッドスマイル 初音ミク AMG。メルセデス・ベンツらしからぬカラーリングが施された車両は実にユニークそのものだが、それがかえって人気&注目の的となり、今や唯一無二の存在になっている。また、すっかりベテランドライバーの域に達する両選手の強みは、なんといっても幅広い戦略に対応できる器用さ。窮地に立たされれば立たされるほど、その逆境を跳ね除け好順位を手にする姿は圧巻。タイ戦では2位入賞を果たし、最終戦での王者争いに弾みをつけた。

Continue reading