SUPER GT Rnd7 もてぎ 決勝レポート

SUPER GT Rnd7 もてぎ 決勝レポート

<GT500>
ARTA NSX-GT、悲願の今季初勝利!

秋深まる中、今シーズンの第7戦を迎えたSUPER GT。佳境に入ったタイトル争いの行方を見ようと、予選、決勝日の両日でおよそ2万5千人がサーキットに訪れた。
レース日和といえる好天気の中、予選でポールポジションを獲得したのは#64 Modulo NSX-GT(伊沢 拓也/大津 弘樹) 。伊沢が自身今季2度目のトップタイムをマークする。一方、チャンピオンシップ争いで暫定トップにつける#14 WAKO’S 4CR GR Supra(大嶋 和也/坪井 翔) 、同2位の#37 KeePer TOM’S GR Supra(平川 亮/山下 健太) は後塵を拝し、厳しい戦いを強いられた。
決勝は序盤から予選2位の#8 ARTA NSX-GT(野尻 智紀/福住 仁嶺) が猛プッシュ。早々にトップを奪取すると2位以下を引き離しにかかる。さらに予選3位の#100 RAYBRIG NSX-GT(山本 尚貴/牧野 任祐)も64号車を逆転した。
レースはドライバー交代が可能となるタイミングでトップの8号車と64号車がピットイン。するとこの直後にGT300車両がマシントラブルでV字コーナーでストップ。これを回収するためセーフティカーが導入された。ペースダウンを余儀なくされたライバル達に対し、SCランが8、64号車の2台には好機となり、レース再開後はトップ2を形成。100号車がなんとか3番手で追走したが、ギャップは大きくその後は各車単独走行となる。 Continue reading

SUPER GT Rnd4 もてぎ 決勝レポート

SUPER GT Rnd4 もてぎ 決勝レポート

<GT500>
KEIHIN NSX-GT、今季2勝目を達成!

7月中旬に幕を開けた2020年SUPER GTシリーズ。早くもシーズン前半の最後にあたる第4戦が栃木・ツインリンクもてぎで開催された。曇天模様ながら安定した天候でスタートを切ると、序盤にトップを奪取した#17 KEIHIN NSX-GT(塚越 広大/ベルトラン・バゲット) が快走。シーズン2勝目を挙げ、ランキングトップに立った。
気まぐれな降雨が装着タイヤに影響を与えた予選。明暗分かれる結果を招く中、ポールポジションを手にした#38 ZENT GR Supraの立川祐路にとっては、自身が持つ最多記録を通算24回目に更新する願ってもないアタックチャンスとなる。一方、予選2、3番手はNSX-GT勢が占め、ホームコースでの勝利を狙える位置につけた。
迎えた決勝は、ストップ&ゴーのレイアウトを持つもてぎらしく、GT300、500両クラスが入り乱れた状態で周回を重ねる。そんな中、序盤に38号車を逆転した17号車が着実に後続との差を広げる盤石の走りを披露。途中2度にわたるセーフティカーランにより、築いたマージンを都度失うことになったが、他を圧倒する速さを武器にトップを死守。最後は独走で今季2度目のトップチェッカーを受けた。38号車の2位に続き、3位に入ったのは#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤 英紀/笹原 右京) 。新コンビによる初表彰台に上がっている。

#17 KEIHIN NSX-GT(塚越 広大/ベルトラン・バゲット)

#17 KEIHIN NSX-GT(塚越 広大/ベルトラン・バゲット)

 

#17 KEIHIN NSX-GT(塚越 広大/ベルトラン・バゲット)

#17 KEIHIN NSX-GT(塚越 広大/ベルトラン・バゲット)

<GT300>
LEON PYRAMID AMG、タイヤ無交換で今季初勝利!

#360 Continue reading

スーパーフォーミュラ 第1戦 もてぎ 決勝結果

スーパーフォーミュラ 第1戦 もてぎ 決勝結果

■SF開幕戦、平川亮がポール・トゥ・ウィンを達成!

当初の予定よりおよそ5ヶ月遅れで開幕した2020年全日本スーパーフォーミュラ選手権。初戦はツインリンクもてぎで開催され、残暑厳しいコンディションの中で冷静なレース運びを見せた#20 平川 亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が真っ先に勝ち名乗りを上げた。

Continue reading

SUPER GTのレースカレンダー変更

SUPER GTのレースカレンダー変更

6月4日、株式会社GTアソシエイションは、2020 SUPER GTシリーズ公式イベントの日程と開催地の変更を発表した。
新型コロナウイルスの感染防止対策を考慮し、国内は富士・鈴鹿・ツインリンクもてぎの3箇所での開催となり、当初予定の岡山・スポーツランドSUGO・オートポリスは除外された。
最終戦については、チャン・インターナショナル・サーキット(タイ)での開催の可能性も残し調整中としている。

また、2020シリーズを安全・円滑に開催するために現在準備を進められている内容を、開催に向けたロードマップとしてまとめてられている。
2020 SUPER GT 公式イベント開催に向けたロードマップについて

※6月8日追記 第8戦に予定されていたチャン・インターナショナル・サーキット(タイ)は見送られ、11月28日(土)・29日(日)に富士スピードウェイで開催すると発表された。


 

2020 AUTOBACS SUPER GT 公式テスト

日程 開催サーキット 備考
  6月27日(土)・28日(日)   富士スピードウェイ  無観客開催

 

2020 AUTOBACS SUPER GT シリーズ

Rd. 日程 開催サーキット 備考
第1戦 Continue reading

Center Stage ~ NISSAN GT-R NISMO GT3

Center Stage ~ NISSAN GT-R NISMO GT3

SUPER GT Rd8 ツインリンクもてぎ
NISSAN GT-R NISMO GT3

レースを知る以上、「日産」と聞けば「GT-R」を思い浮かべるほど、モータースポーツの世界でGT-Rは切っても切れない存在。このメイド・イン・ジャパンのGT3車両は、昨シーズンにモデルチェンジを果たし、GT300クラスで速さと強さを兼ね備えた一台として君臨してきた。今シーズンはクラス最多の6チームがGT-Rを駆り、ポールポジション1回、優勝2回の戦歴で最終決戦のもてぎへ。結果は、ノーウェイトの勝負で粘りの走りを見せた11号車が逆転勝利で今季2勝目。GT-Rとして、シーズン3勝目を上げる活躍を見せた。狙うは、来シーズンのクラスチャンピオン車両でしかない。

Continue reading