Close Up ~ No.16 山本尚貴(TEAM MUGEN)

Close Up ~ No.16 山本尚貴(TEAM MUGEN)

SUPER FORMULA Rd.7 鈴鹿サーキット
No.16 山本尚貴(TEAM MUGEN)

2018年の最終戦を迎えた鈴鹿サーキット。自力王者の資格を持つドライバーは3人。山本尚貴はその中でも一番不利な立場で予選に挑み、ノックアウト予選のQ1〜Q3全セッションでトップタイムをマーク、圧巻の速さを見せてライバルを牽制した。また、決勝でも文句なしのスタートでトップをキープ。終盤は後方の猛追に遭うも、巧みなコントロールでシャットアウトし、完全勝利を達成するパーフェクトな戦いで逆転チャンピオンを引き寄せた。崖っぷちから見せた底力の大きさによって、自身2度目のタイトルを手にし、また今シーズンで最後となるSF14のラストウィンを飾っている。

Continue reading

WTCR 鈴鹿 決勝結果

WTCR 鈴鹿 決勝結果

10月27日(土)、鈴鹿サーキットで初開催となる「FIA WORLD TOURING CAR CUP」の決勝Race1が行われ、#31 ケビン・チェッコン(イタリア)[アルファロメオ・ジュリエッタTCR]が優勝し、アルファロメオに初勝利をプレゼントした。2位は#7 オーレリアン・コンテ(フランス)[プジョー308 TCR]、3位には日本でもお馴染みのベテラン#48 イバン・ミュラー(フランス)[ヒュンダイi30N TCR]が入った。

Continue reading

スーパーフォーミュラ 第7戦 鈴鹿 決勝結果

スーパーフォーミュラ 第7戦 鈴鹿 決勝結果

10月28日(日)、鈴鹿サーキットで「全日本スーパーフォーミュラ選手権 最終戦」の決勝が行われ、#16 山本 尚貴 [TEAM MUGEN SF14]がポール・トゥ・ウィンを決め、ポイントランキング3位から逆転で2018年シリーズチャンピオンを獲得した。
#3 ニック・キャシディ [ORIENTALBIO KONDO SF14]は、レース終盤にトップの山本を0.6秒差まで追い詰めたものの2位に甘んじたが、3位の#4 山下 健太 [ORIENTALBIO KONDO SF14]とともに表彰台の脇を固め、近藤真彦監督が率いるKONDO RACINGを2018年シリーズのチームチャンピオンに導いた。

Continue reading

スーパーフォーミュラ 第7戦 鈴鹿 予選結果

スーパーフォーミュラ 第7戦 鈴鹿 予選結果

10月27日(土)、鈴鹿サーキットで「全日本スーパーフォーミュラ選手権 最終戦」の予選が行われ、#16 山本 尚貴 [TEAM MUGEN SF14]が1’37.909のタイムでポールポジションを獲得。現在24ポイントでランキング3位の山本は1ポイントを獲得し、2位の石浦と同じ25ポイントで最終戦の決勝を迎えることとなった。
2番手に#4 山下 健太 [ORIENTALBIO KONDO SF14]、3番手には#36 中嶋 一貴 [VANTELIN KOWA TOM’S SF14]が入った。
現在ランキングトップの #3 ニック・キャシディ [ORIENTALBIO KONDO SF14]も4番手に付け、山本との差は僅か4ポイント。明日14:15から43周(最大90分)で行われる決勝レースでチャンピオンが決定する。

Continue reading

SUZUKA 10 HOURS 決勝結果

SUZUKA 10 HOURS 決勝結果

8月26日(日)、鈴鹿サーキットで「SUZUKA 10 HOURS」の決勝が10時にスタート。10時間の熱い戦いを制した各クラスの上位は以下の通り。

Proクラス
優勝:#888 Mercedes-AMG Team GruppeM Racing(ラファエル・マルチェッロ/マロ・エンゲル/トリスタン・ヴォーティエ)
2位:#43 Mercedes-AMG Team Strakka Racing(ルイス・ウィリアムソン/マキシミリアン・ゲーツ/アルバロ・パレンテ)
3位:#6 Audi Sport Team Absolute Racing(マルクス・ウィンケルホック/クリストファー・ハース/ケルビン・ファン・デル・リンデ)

Pro-Amaクラス
優勝:#75 Sun Energy 1 Racing AUS(ケニー・ハブル/ミカエル・グルニエ/ルカ・ストルツ)
2位:#28 HubAuto Corsa(ニック・フォスター/デイビッド・ペレル/吉田 広樹)
3位:#87 JLOC(元嶋 佑弥/高橋 翼/飯田 太陽)

Amaクラス
優勝:#112 SATO,YAMASHITA-SS/Rn-sports(佐藤 敦/山下 亮生/久保 宣夫)

Asia Award
優勝:#00 Mercedes-AMG Team GOOD SMILE(谷口 信輝/片岡 龍也/小林 可夢偉)
2位:#11 GAINER(平中 克幸/星野 一樹/安田 裕信)
3位:#8 ARN Racing(永井 宏明/嵯峨 宏紀/平手 晃平)

Continue reading

SUZUKA 10 HOURS 予選結果

SUZUKA 10 HOURS 予選結果

8月25日(土)、台風が過ぎ猛暑となった鈴鹿サーキットで、今年が初開催となる「SUZUKA 10 HOURS」が開幕。賞金100万円を賭けた予選「BBS エキサイティング アタック」が行われた。
Q1は3人のドライバーの合計タイムで競われ、その上位20台がQ2 Pole Shootoutに進むという予選フォーマットだったが、Q1で走路外走行によるタイム抹消が多く発生。それに伴う抗議もあり、Q2は55分遅れの15:40から4台追加の24台で競われることとなった。
初代ポールポジションに輝いたのは台湾の#28 HubAuto Corsa(ニック・フォスター/デイビッド・ペレル/吉田 広樹)でタイムは2’01.740。2番手にはブランパンGTシリーズ・アジアの強豪#888 Mercedes-AMG Team GruppeM Racing(ラファエル・マルチェッロ/マロ・エンゲル/トリスタン・ヴォーティエ)が入り、3番手にはHubAutoのもう1台、#27 HubAuto Corsa(ダビデ・リゴン/マット・グリフィン/ミゲル・モリーナ)が続き、上位3台はQ1と同じ結果となった。

決勝は明日26日(日)10:00から10時間で行われ、20:00にフィニッシュとなる。

Continue reading

2018“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース

2018“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース

7月29日、鈴鹿サーキットで2017-2018 FIM世界耐久選手権の最終戦となる“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第41回大会の決勝行われ、 台風12号の影響でめまぐるしく天候が変わるコンディションの中、#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM(中須賀克行/アレックス・ロウズ/マイケル・ファン・デル・マーク)が優勝し鈴鹿8耐4連覇を達成した。2位には#33 Red Bull Honda with 日本郵便(高橋巧/中上貴晶/パトリック・ジェイコブセン)、3位には#11 Kawasaki Team Green(渡辺一馬/ジョナサン・レイ/レオン・ハスラム)が入った。

また世界耐久選手権(EWC)のタイトルは、5位でフィニッシュした#5 F.C.C. TSRホンダ・フランス(フレディ・フォレイ/ジョシュ・フック/アラン・テッチャー)が、日本チームとして初めてチャンピオンに輝いた。

Continue reading