ブランパンGTシリーズアジア 鈴鹿 Rnd6

ブランパンGTシリーズアジア 鈴鹿 Rnd6

7月1日(日)、鈴鹿サーキットで「ブランパンGTシリーズアジア 鈴鹿 Rnd6」の決勝が60分間で行われ、3度のセーフティーカーが入ったレースを制したのはGT3クラスが#19 FFF Racing Team by ACM(Dennis Lind/Martin Kodric)。GT4クラスは #666 GruppeM Racing Team(Ryuichirou Ohtsuka/Reinhold Renger)が優勝を飾った。

Rnd6 正式結果

Continue reading

ブランパンGTシリーズアジア 鈴鹿 Rnd5

ブランパンGTシリーズアジア 鈴鹿 Rnd5

6月30日(土)、鈴鹿サーキットで「ブランパンGTシリーズアジア 鈴鹿 Rnd5」の決勝が行われ、GT3クラスは#3 Absolute Racing(Franky Cheng Congfu/Martin Rump)がポール・トゥ・ウィン。GT4クラスは#81 BMW Team Studie(木下隆之/砂子塾長)が優勝を飾った。

Rnd5 正式結果

Rnd6は明日7月1日(日)10:50から行われる。

Continue reading

Close Up ~ 小林可夢偉(No.39 DENSO KOBELCO SARD LC500)

Close Up ~ 小林可夢偉(No.39 DENSO KOBELCO SARD LC500)

SUPER GT Rd3 鈴鹿サーキット
小林可夢偉(No.39 DENSO KOBELCO SARD LC500)

2015年、およそ12年ぶりに日本でのレース活動を復活させた小林可夢偉。まずはSUPER FORMULAに挑戦、そして昨年のSUPER GT第6戦「鈴鹿1000km」へのスポット参戦を経て、今シーズンはGTへのフル参戦を開始した。コンビを組むのは、同じくF1GPで活躍したヘイキ・コバライネン。2015年からSGTへと活躍の場を移し、翌年にはシリーズタイトルを獲得する躍進を見せている心強いパートナーとNo.39 DENSO KOBELCO SARD LC500を駆ることになる。現時では、まだ手探り状態という感が否めないが、F1仕込みの鋭い勝負感を武器に巧みな走りを見せてくれるはずだ。

Continue reading

SUPER GT Rnd3 鈴鹿 決勝結果

SUPER GT Rnd3 鈴鹿 決勝結果

5月20日(日)、鈴鹿サーキットで「SUPER GT Rnd3」の決勝が行われた。ウォームアップ開始直前に、計時機器の不具合で進行がストップ。その後約40分遅れの15時28分にスタートが切られた。GT500クラスは#8 ARTA NSX-GT(野尻 智紀/伊沢 拓也) がポール・トゥ・ウィンで完勝。2位に#100 RAYBRIG NSX-GT(山本 尚貴/ジェンソン・バトン)、4番グリッドからスタートした#1 KeePer TOM’S LC500(平川 亮/ニック・キャシディ) が3位に入った。

Continue reading

SUPER GT Rnd3 鈴鹿 予選結果

SUPER GT Rnd3 鈴鹿 予選結果

5月19日(土)、鈴鹿サーキットで「SUPER GT Rnd3」の予選が行われた。18.7度というこの時季にしては低い気温と、ホームストレートの強い追い風により、GT500クラスはQ1で全車がコースレコードを叩き出す。そんな中、コースレコードを2.7秒も上回る1’44.319という驚異的なタイムで#8 ARTA NSX-GT(野尻 智紀/伊沢 拓也)がポールポジションを獲得。2番手に#100 RAYBRIG NSX-GT(山本 尚貴/ジェンソン・バトン)、3番手に#17 KEIHIN NSX-GT(塚越 広大/小暮 卓史)とホンダ勢がトップ3を独占した。

Continue reading

Close Up ~ 松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

Close Up ~ 松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

SUPER FORMULA Rd1 鈴鹿
松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

日本からモータースポーツの本場、ヨーロッパへ。ステップアップカテゴリーで武者修行を重ね、その先に見えてきたのがF1だった。テストドライバーのチャンスを手にするも、極めて限られたシートを手にするには至らず。ならば日本で王座を獲り、改めて世界を目指そう…。今年、そんな思いでスーパーフォーミュラに挑むのが、松下信治だ。自身、高い分析力とクレバーな戦い方を武器としており、「ルーキーでないと思うし、そういう年齢でもない」とも。冷静沈着な24歳のチャレンジャーは開幕戦こを不本意な12位に留まったが、優れた”観察点”をもって、巻き返しを狙ってくるはずだ。

Continue reading

スーパーフォーミュラ 第1戦 鈴鹿 決勝結果

スーパーフォーミュラ 第1戦 鈴鹿 決勝結果

4月22日(日)、鈴鹿サーキットでスーパーフォーミュラ第1戦の決勝が行なわれ、ポールポジションからスタートした#16 山本 尚貴 [TEAM MUGEN SF14]が優勝。表彰台で目に涙を輝かせた。14番グリッドからソフトタイヤでスタートした#19 関口 雄飛 [ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14]は、レース中盤でチームメイトの平川と接触するが、その後の見事な追い上げで2位に入った。3番グリッドの#5 野尻 智紀 [DOCOMO DANDELION M5S SF14]は、一時順位を落とすも3位まで戻し表彰台をもぎ取った。

Continue reading

スーパーフォーミュラ 第1戦 鈴鹿 予選結果

スーパーフォーミュラ 第1戦 鈴鹿 予選結果

4月21日(土)、鈴鹿サーキットで「NGK SPARK PLUGS SUZUKA 2&4 RACE」が開催され、スーパーフォーミュラ開幕戦の予選が行なわれた。
好天に恵まれ、気温23度、路面温度33度まで上がったコンディション。今シーズンから全戦に採用された2スペックタイヤによる予選を制したのは、#16 山本 尚貴 [TEAM MUGEN SF14] でタイムは1’36.911。同チームのルーキー#15 福住 仁嶺 [TEAM MUGEN SF14]が山本に迫る1’36.991を叩き出し2番手に入る。3番手には#5 野尻 智紀 [DOCOMO DANDELION M5S SF14]が1’37.040で続いた。

Continue reading