Close Up ~ 坪井 翔(No.25 HOPPY 86 MC)

Close Up ~ 坪井 翔(No.25 HOPPY 86 MC)

SUPER GT Rd7 オートポリス
坪井 翔(No.25 HOPPY 86 MC)

シーズン大詰めを迎えたSUPER GT。第7戦オートポリスの予選でGT300クラスポールポジションを手にしたのは、No.25 HOPPY 86 MC。13番手に留まったQ1から一転、Q2ではコースレコードを更新し、チームとして今シーズン2度目のクラスポール獲得に一役買ったのが、坪井翔だ。昨シーズン、GT300クラスにデビュー。初年度ながら2勝をあげてランキング3位になった。今シーズンはつちやエンジニアリングに移籍。ドライバー出身の土屋武士監督の下で、緻密なレース運びを学んでいる。一方、第2戦富士ではWEC参戦と重複した小林可夢偉の代役としてGT500のLC500を駆り、2位表彰台を獲得。名を馳せることになっただけに、この先の躍進から目が離せない。

Continue reading

SUPER GT Rnd7 オートポリス 決勝結果

SUPER GT Rnd7 オートポリス 決勝結果

10月21日(日)、秋晴れに恵まれた大分県のオートポリスで、2018 AUTOBACS SUPER GT 第7戦『AUTOPOLIS GT 300km RACE』の決勝が行われ、GT500クラスは5番グリッドからスタートした#1 KeePer TOM’S LC500(平川 亮/ニック・キャシディ)が優勝。ドライバーポイントを67に伸ばしてランキングトップに並んだ。2位には#36 au TOM’S LC500(中嶋 一貴/関口 雄飛)が入り、TOM’Sがワンツーフィニッシュを決めた。3位にもレクサスの#19 WedsSport ADVAN LC500(国本 雄資/山下 健太)が入り、ホンダ勢の牙城を崩し、表彰台を独占した。
GT300クラスは#96 K-tunes RC F GT3(新田 守男/中山 雄一)が10番グリッドから脅威の追い上げで優勝を飾った。2位は#87 リーガルフロンティア ランボルギーニGT3(佐藤 公哉/元嶋 佑弥)、3位には#34 Modulo KENWOOD NSX GT3(道上 龍/大津 弘樹)が入った。

Continue reading

SUPER GT Rnd7 オートポリス 予選結果

SUPER GT Rnd7 オートポリス 予選結果

10月20日(土)、大分県のオートポリスで2018 AUTOBACS SUPER GT 第7戦『AUTOPOLIS GT 300km RACE』の予選が行われ、GT500クラスは#8 ARTA NSX-GT(野尻 智紀/伊沢 拓也)がコースレコードを1.394秒上回る1’31.441という驚異的なタイムでポールポジションを獲得。2番手に#17 KEIHIN NSX-GT(塚越 広大/小暮 卓史)、3番手には#100 RAYBRIG NSX-GT(山本 尚貴/ジェンソン・バトン)が続き、オートポリスを得意とするホンダ勢がトップ3を独占した。
GT300クラスは昨年ポール・トゥ・ウィンを決めた#25 HOPPY 86 MC(松井 孝允/坪井 翔)が、こちらもコースレコードでポールポジションを獲得。2番手に#10 GAINER TANAX triple a GT-R(星野 一樹/吉田 広樹)、3番手には#5 マッハ車検 MC86 Y’s distraction(坂口 夏月/平木 湧也)が入った。

Continue reading

スーパー耐久第4戦 オートポリス 決勝結果

スーパー耐久第4戦 オートポリス 決勝結果

7月15日(日)、猛暑の大分県オートポリスで、ピレリ・スーパー耐久シリーズ2018 第4戦「TKU スーパー耐久レース in オートポリス」の決勝が5時間で行われ、ST-Xクラスは#24 スリーボンド ⽇産⾃動⾞⼤学校 GT-R(内⽥優⼤/藤井誠暢/平峰⼀貴)が今季初優勝を飾った。

Continue reading

スーパー耐久第4戦 オートポリス 予選結果

スーパー耐久第4戦 オートポリス 予選結果

7月14日(土)、大分県オートポリスで、ピレリ・スーパー耐久シリーズ2018 第4戦「TKU スーパー耐久レース in オートポリス」の予選が行われ、ST-Xクラスは#24 スリーボンド ⽇産⾃動⾞⼤学校 GT-R(内⽥優⼤/藤井誠暢/平峰⼀貴)がポールポジションを獲得した。

Continue reading

Close Up ~ 平川 亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)

Close Up ~ 平川 亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)

SUPER FORMULA Rd2 オートポリス
平川 亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)

今シーズン3年ぶりとなるスーパーフォーミュラへの復帰を果たすことになった平川亮。遡ること2シーズンは世界耐久シリーズ(WEC)に参戦し、日本のレースとはひと味もふた味も異なる戦いの中で多くの引き出しを作ってきた。また昨シーズンはSUPER GTでシリーズタイトルを獲得、現在、さらなる高みで新たな戦いに挑んでいる。星野一義監督の激励に後押しされて攻めの走りを続ける中、オートポリスでは自身初となるポールポジションを獲得。だが、雨と濃霧で決勝が惜しくもキャンセルとなり、初優勝のチャンスは先延ばしされてしまったが、燃え続ける闘志でこの先も勝利を狙う。

Continue reading