スーパー耐久 第4戦 オートポリス 決勝結果

スーパー耐久 第4戦 オートポリス 決勝結果

7月31日(日)、大分県のオートポリスで「ENEOS スーパー耐久シリーズ2022 Powered by Hankook 第4戦 スーパー耐久レース in オートポリス」の決勝が5時間で行われ、ST-Xクラスは#62 HELM MOTORSPORTS GTR GT3(鳥羽 豊/平木 湧也/平木 玲次)が、台風の影響による雨に翻弄されたレースを制し、今季2勝目を飾った。62号車と激しいバトルを繰り返し、トップチェッカーを受けた#777 D’station Vantage GT3(星野 敏/藤井 誠暢/近藤 翼)は、ペナルティにより50秒が加算され2位となった。

Continue reading

スーパー耐久 第4戦 オートポリス 予選結果

スーパー耐久 第4戦 オートポリス 予選結果

7月30日(土)、大分県のオートポリスで「ENEOS スーパー耐久シリーズ2022 Powered by Hankook 第4戦 スーパー耐久レース in オートポリス」の予選が行われ、ST-Xクラスは#16 ポルシェセンター岡崎 911 GT3R(永井 宏明/上村 優太/伊藤 大輔)が今季3度目のポールポジションを獲得した。

Continue reading

スーパーフォーミュラ 第4戦 オートポリス レポート&フォトギャラリー

スーパーフォーミュラ 第4戦 オートポリス レポート&フォトギャラリー

SF第4戦オートポリス、平川亮が大逆転勝利!

5月21、22日、大分・オートポリスにおいて全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦が開催された。予選は#1 野尻智紀(TEAM MUGEN)が今シーズン3連続ポールポジションを手にしたが、決勝は序盤から荒れ模様の展開となり、その中で予選8番手スタートだった#20 平川 亮(carenex TEAM IMPUL)が戦略を味方に逆転勝利。今シーズン2勝目を挙げている。

Continue reading

スーパーフォーミュラ 第4戦 オートポリス 決勝結果

スーパーフォーミュラ 第4戦 オートポリス 決勝結果

5月22日(日)、大分県のオートポリスで「AUTOPOLIS SUPER 2&4 RACE 2022 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第4戦」の決勝が行われ、#20 平川 亮 [carenex TEAM IMPUL] が今シーズン2勝目を飾った。2位に#4 サッシャ・フェネストラズ [KONDO RACING] 、3位にはルーキーの#55 三宅淳詞 [TEAM GOH] が続いた。

Continue reading

スーパーフォーミュラ 第4戦 オートポリス 予選結果

スーパーフォーミュラ 第4戦 オートポリス 予選結果

5月21日(土)、大分県のオートポリスで「AUTOPOLIS SUPER 2&4 RACE 2022 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第4戦」の予選が行われ、#1 野尻 智紀 [TEAM MUGEN] が1’24.529のタイムで3戦連続となるポールポジションを獲得。2番手に#37 宮田 莉朋 [Kuo VANTELIN TEAM TOM’S] 、3番手には #5 牧野 任祐 [DOCOMO TEAM DANDELION RACING] が続いた。

Continue reading

SUPER GT 第6戦 オートポリス

SUPER GT 第6戦 オートポリス

<GT500>
ARTA NSX-GTが待望のシーズン初勝利!

10月24日、大分・オートポリスでSUPER GT第6戦決勝レースが行われ、予選4番手スタートの#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)が荒れたレースを味方につけ、最後は”ひとり旅”に持ち込んで戦いを制した。前回のSUGOではポールポジションからトップを快走するも、ピット作業違反で後退。速さに定評があったチームが、ようやく熱望していた初優勝を果たしている。

Continue reading

スーパー耐久 第4戦 オートポリス 決勝結果

スーパー耐久 第4戦 オートポリス 決勝結果

8月1日(日)、大分県のオートポリスで「スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook 第4戦 TKU スーパー耐久レース in オートポリス」の決勝が5時間でスタート。直後から視界不良による赤旗中断など、めまぐるしく変化するコンディションの中、ST-Xクラスの#81 DAISHIN GT3 GT-R(大八木 信行/青木 孝行/藤波 清斗/大八木 龍一郎)がトップチェッカーを受けたが、ウエイトハンデの重量不足により失格となり、#290 Floral UEMATSU FG 720S GT3(浜野 彰彦/澤 圭太/川端 伸太朗)が総合優勝を果たした。

Continue reading