SUPER GT 第2戦 富士

SUPER GT 第2戦 富士

<GT500>
500kmの終盤までもつれたトップ争いを、Astemo NSX-GTが制す!

SUPER GT第2戦が、5月3、4日に静岡・富士スピードウェイにおいて開催され、予選10位スタートの#17 Astemo NSX-GT(塚越 広大/ベルトラン・バゲット)が巧みな戦略を味方にトップチェッカー。500kmの終盤まで続いた激闘を制した。
昨年は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からゴールデンウィーク中の500kmレース実施が見送られたため、開催は2年ぶり。初夏に近づく絶好のレース日和の下で繰り広げられた戦いは、いつも以上の熱戦となった。

Continue reading

SUPER GT 第1戦 岡山 決勝結果

SUPER GT 第1戦 岡山 決勝結果

<GT500>
長きに渡る攻防戦を制したのは、ENEOS X PRIME GR Supra!

依然として新型コロナウイルス感染症の影響を受けるモータースポーツイベント。しかしながら、日本における2021年シーズンは当初の予定どおり開幕戦を迎えた。SUPER GTの初戦の舞台を飾ったのは、岡山国際サーキット。4月10、11日、有観客開催となる2年ぶりの決戦はレース日和に恵まれ、壮絶なバトルが繰り広げられた。
参加台数はGT500、GT300の総勢44台。GT500クラスでは公式練習でホンダNSX-GT勢が上位につけたが、ノックアウト予選になると一変。ディフェンディングチャンピオンの#1 STANLEY NSX-GT(山本 尚貴/武藤 英紀)や昨シーズン3度の最多ポールポジションを誇り、公式練習でトップタイムをマークした#8 ARTA NSX-GT(野尻 智紀/福住 仁嶺)が揃ってQ1で敗退。逆にがタイムを伸ばし、上位8台が進出できるQ2に全5台が揃った。そして、その中でトップタイムをマークしたのが、#37 KeePer TOM’S GR Supra(平川 亮/阪口 晴南)。厳しい入国規制で来日できていないサッシャ・フェネストラズに変わりQ2に出走した阪口が、2番手と約0.1秒差で自身初、GT500クラスのポールポジションを手にした。
レースは序盤からトップ37号車阪口を#14 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋 和也/山下 健太)の大嶋 和也が猛追し、僅差の攻防戦となるも膠着状態に。その後、33周目にGT300車両がスピン。セーフティカー導入を予想した多くの車両がルーティンのピットインを敢行する。ピット作業に手間取りタイムロスした37号車に対し、14号車は難なく完了。これでトップを奪還すると、#36 au TOM’S GR Supra(関口 Continue reading

SUPER GT 第1戦 岡山 予選結果

SUPER GT 第1戦 岡山 予選結果

4月10日(土)、岡山国際サーキットで2021 AUTOBACS SUPER GTシリーズの開幕戦となる「たかのこのホテル OKAYAMA GT 300km RACE」が開催され、14:00からノックアウト方式の予選が行われた。

GT500クラスは#37 KeePer TOM’S GR Supra(平川 亮/阪口 晴南)が1’17.701のタイムでポールポジションを獲得。2番手には#14 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋 和也/山下 健太)、3番手に#36 au TOM’S GR Supra(関口 雄飛/坪井 翔)が入り、トップ5までをGR Supraが独占した。

GT300クラスは#11 GAINER TANAX GT-R(平中 克幸/安田 裕信)が1’25.275のタイムでポールポジションを獲得。2番手には#52 埼玉トヨペットGB Continue reading

スーパーフォーミュラ 第1戦 富士 レポート&フォトギャラリー

スーパーフォーミュラ 第1戦 富士 レポート&フォトギャラリー

SF第1戦富士、野尻が完勝! ホンダ勢がトップ3を独占

2021年全日本スーパーフォーミュラ選手権の開幕戦が、静岡・富士スピードウェイにおいて行われ、予選から好調だった#16 野尻智紀(TEAM MUGEN)がポール・トゥ・ウィンを達成。速さと強さを存分に発揮、完勝でシーズンをスタートさせている。

Continue reading

スーパーフォーミュラ 第1戦 富士 決勝結果

スーパーフォーミュラ 第1戦 富士 決勝結果

4月4日(日)、富士スピードウェイで「2021年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第1戦」の決勝が行われ、ポールポジションからスタートした#16 野尻 智紀 [TEAM MUGEN]が優勝した。2番グリッドからスタートした#64 大湯 都史樹 [TCS NAKAJIMA RACING]は、ホールショットを奪ったが野尻に抜き返され2位。3位には#5 福住 仁嶺 [DOCOMO TEAM DANDELION RACING]が続き、ホンダ勢が表彰台を独占した。

Continue reading

スーパーフォーミュラ 第1戦 富士 予選結果

スーパーフォーミュラ 第1戦 富士 予選結果

4月3日(土)、富士スピードウェイで「2021年 全日本スーパーフォーミュラ選手権」が開幕。ノックアウト方式の予選が行われ、#16 野尻 智紀 [TEAM MUGEN]が1’21.173のタイムでポールポジションを獲得。2番手に#64 大湯 都史樹 [TCS NAKAJIMA RACING]、3番手に#6 笹原 右京 [DOCOMO TEAM DANDELION RACING]、4番手に#5 福住 仁嶺 [DOCOMO TEAM DANDELION RACING] が続き、ホンダ勢がセカンドローまでを独占した。

Continue reading