Center Stage ~ NSX-GT3

Center Stage ~ NSX-GT3

SUPER GT Rd2 富士スピードウェイ
NSX-GT3

開幕戦の岡山大会に続き、雨の決戦となった第2戦富士。序盤の激しい雨、さらに中盤からのダンプコンディションを凌ぎ、着々とポジションアップして2位表彰台に上がったのは、No.55 ARTA NSX-GTだった。NSX-GT3はGT500クラス車両同様、精悍なフォルムは同じだが、FIA-GT3仕様車であることは言わずもがな。GT3車両のお目見えは、2017年。以来、海外の耐久レースで実績を積んできた。一方、SUPER GTへの参加は2018年から。今シーズンは3台が参戦する。実績に基づくデータ分析が進んでいるのか、すでに速さと強さの両方でしっかりと存在感をアピールしている。

Continue reading

SUPER GT Rnd2 富士 決勝結果

SUPER GT Rnd2 富士 決勝結果

5月4日(土)、富士スピードウェイで2019 AUTOBACS SUPER GT 第2戦「富士GT500kmレース」の決勝レースが行われた。
スタート前から降り出した雨は雷を伴って強まったためにセーフティーカーの先導で2周目にスタート。しかしますます強くなる雨足に13周目で再びセーフティーカーが入り、16周目で赤旗中断となってしまう。30分後に再スタートが切られ、その後は徐々に天候は回復し500km・110周レースはフィニッシュを迎えた。混乱のレースを制したのは、予選7番手からスタートした#38 ZENT CERUMO LC500(立川 祐路/石浦 宏明)がラスト10周で逆転して優勝。2位にポールスタートの#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田 次生/ロニー・クインタレッリ)、3位には予選12番手から追い上げた#1 RAYBRIG NSX-GT(山本 尚貴/ジェンソン・バトン)が入った。
GT300クラスは予選4番手スタートの#11 GAINER TANAX GT-R(平中 克幸/安田 裕信)が優勝。フィニッシュ直前まで追い上げた#55 ARTA NSX GT3(高木 真一/福住 仁嶺)は2位に。#88 マネパ ランボルギーニ GT3(小暮 卓史/元嶋 佑弥)が3位となった。

Continue reading

SUPER GT Rnd2 富士 予選結果

SUPER GT Rnd2 富士 予選結果

5月3日(金)、富士スピードウェイで2019 AUTOBACS SUPER GT 第2戦「富士GT500kmレース」の予選が行われ、GT500クラスは#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田 次生/ロニー・クインタレッリ)がコースレコードをコンマ5秒縮める1’26.871で、第1戦岡山から2戦連続のポールポジションを獲得。2番手に#37 KeePer TOM’S LC500(平川 亮/ニック・キャシディ)、3番手に#12 カルソニック IMPUL GT-R(佐々木 大樹/ジェームス・ロシター)が入った。
GT300クラスは今シーズンから参戦のKONDO RACING #56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R(平峰 一貴/サッシャ・フェネストラズ)がポールポジションし、GT-Rが両クラスのポールを奪った。#25 HOPPY 86 MC(松井 孝允/佐藤 公哉/土屋 武士)と#5 ADVICS マッハ車検 MC86 マッハ号(坂口 夏月/平木 湧也/玉中 哲二)のマザーシャシー勢が続いた。

Continue reading

スーパー耐久第6戦 岡山 予選結果

スーパー耐久第6戦 岡山 予選結果

11月3日(土)、岡山国際サーキットで、ピレリ・スーパー耐久シリーズ2018の最終戦となる第6戦「スーパー耐久 in 岡山」の予選が行われ、ST-Xクラスは #83 Phoenix racing Asia R8(Keong Wee Lim/Mathias Beche/Melvin Moh)が初のポールポジションを獲得した。

Continue reading

Close Up ~ 谷口信輝(No.0 グッドスマイル 初音ミク AMG)

Close Up ~ 谷口信輝(No.0 グッドスマイル 初音ミク AMG)

SUPER GT Rd5 富士スピードウェイ
谷口信輝(No. 0 グッドスマイル 初音ミク AMG)

GT300クラスのチャンピオンに与えられるカーナンバー0。2017年にこのタイトルを手にした谷口信輝は、今や数少ないストリート出身のドライバー。ドリフトから4輪競技をはじめ、その後、ツーリングカーレースにも参戦。2008−13年にはスーパー耐久のST1/GT3クラスで5年連続シリーズチャンピオンに輝き、またSUPER GTではGT300クラスで2011、2014年そして昨年の計3回タイトルを手にしている。ベテランの域に達する一方、勝利への飽くなき探究心は人一倍強いことで知られ、500マイルの今大会で予選4位から2位表彰台に上がったときには「2位が一番キライ。2位は1位に負けたっていうことだから」と、負けず嫌いらしいコメントを残している。

Continue reading

SUPER GT Rnd5 富士 決勝結果

SUPER GT Rnd5 富士 決勝結果

8月5日(日)、富士スピードウェイで2018 AUTOBACS SUPER GT 第5戦『富士GT500mileレース』の決勝が行われ、GT500クラスは#36 au TOM’S LC500(中嶋 一貴/関口 雄飛)が予選3番手から波乱のレースを制した。2位に#1 KeePer TOM’S LC500(平川 亮/ニック・キャシディ)が入り、チーム・トムスがワンツーフィニッシュ。3位には#17 KEIHIN NSX-GT(塚越 広大/小暮 卓史)が入った。
GT300クラスは#55 ARTA BMW M6 GT3(高木 真一/ショーン・ウォーキンショー)が優勝し富士3連勝を達成。高木は優勝最多記録を20勝に伸ばした。2位には#0 グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口 信輝/片岡 龍也)、3位には#31 TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨 宏紀/平手 晃平)が続いた。

Continue reading

SUPER GT Rnd5 富士 予選結果

SUPER GT Rnd5 富士 予選結果

8月4日(土)、富士スピードウェイで2018 AUTOBACS SUPER GT 第5戦『富士GT500mileレース』の予選が行われ、GT500クラスは#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田 次生/ロニー・クインタレッリ) が1’28.461のタイムでポールポジションを獲得。2番手に#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/高星 明誠)、3番手には#36 au TOM’S LC500(中嶋 一貴/関口 雄飛)が続いた。
GT300クラスは#25 HOPPY 86 MC(松井 孝允/坪井 翔/近藤 翼) がポールポジションを獲得。2番手に#55 ARTA BMW M6 GT3(高木 真一/ショーン・ウォーキンショー)、3番手には#10 GAINER TANAX triple a GT-R(星野 一樹/吉田 広樹)が入った。

Continue reading

Close Up ~ ニック・キャシディ(KONDO RACING)

Close Up ~ ニック・キャシディ(KONDO RACING)

SUPER FORMULA Rd.4 富士スピードウェイ
ニック・キャシディ(KONDO RACING)

ニック・キャシディは、2015年の全日本F3選手権チャンピオン。欧州F3とのダブルエントリーというタフな状況下でつかんだタイトルだった。翌年は日本最高峰カテゴリーに挑戦したいと願うも、その思いは果たせず、ようやく去年スーパーフォーミュラにデビューした。初年度はポールポジションを獲得する勢いを見せたが、結果は思うように残せず。今季はそこから学んだ教訓を胸に、つねにクレバーな戦いを見せる。そしてついに掴んだ富士での初優勝。若手ドライバーらしいアグレッシブさと、レースをマネージメントする巧みの走りがうまく噛み合った申し分のない勝利だった。

Continue reading